作業工程23

888って自分でキリ番踏んでる。

やっと全パーツが揃って、磨きも終わりました!

ちょっと最終サフの必要性があまり分からないので、折角ツルツルにしたのだからこの状態で粘土に埋めてやろうって事に。

フィギュアのサイト「fg」とか見ても絶対みんなサフ吹いて原型完成!って言っているけど、どうしてなんだろう。今まで自分はみんながしているからって事でサフで最終にしていたけど・・・

サフは他の塗料が乗る様にちょっとザラッとしているのです。様はマット。だからツルッツルに磨いてもサフを吹くとマットに戻ってしまって台無し。

そこからまた2000番台のヤスリで磨くのかもしれないけど、私はこの状態で完成!と言ってみる。

 

ナルシア(全18パーツ)

■この間の磨きから変化無し。

■帽子の上にあるのは靴の先に付いてるぼんぼん。

 

ミク(全20パーツ)

■ミクの髪飾りを作ったら完成!と思ってみたけど、作ってみると案外バランスが悪くて・・・あの四角い意味不明なパーツのせいで髪の毛を削らないといけなくて・・・今更そこまで出来ない!って事で

リボンにしてみました。

■2枚目の写真みたいに顔にくっつかないようにメンテでカバー

 この状態でストーブの側に置いて硬化待ち。

■ある程度硬化したら頭から外して、また戻し、完全に硬化するまで待つ。

 3枚目で整形。時間がないのでリューターで大雑把に削ります。

 それを水を付けながら耐水ヤスリで整形。

 水を付ける訳は・・・粉塵が飛ぶのがいやだから。ってのと、ツルツルになりやすい気がするから。いや、ツルツルに近道だった。

■で、ざっと磨いてから最終サフを全パーツに吹いて、1500番のヤスリでツルツルに。なんで1500番かっていうと・・・うちにある一番数が高いヤスリがそれしか無かったから。

800番、1500番と水を付けてヤスリ、汚れをざっと拭き取って、塗れてない布でごしごし磨くとピカピカになるので、それを繰り返す。

 

で、ひとまず原型完成〜!

ちゃんと髪の毛台の裏に©も入れました。布団に入る頃には肩がばっきばきに痛い。腕も筋肉痛ですわ。

明日からは粘土に埋めます。がんばらねば・・・ここで時間を取られがちだから集中せねば。